【読書日記】四次元の花嫁/赤川次郎

おはようございます!

ただいま、北海道は台風の影響で警戒や注意報がたくさん出ている状況です!

実は、昨日はキャンプへ出かけていたのですが・・・夜から台風が来るということで中止にして夜に札幌に帰ってきたのでした。沢山の道具をそろえたのに残念です。

先週買って、読み終えた本を紹介です!

今回の本

赤川次郎のシリーズものだったようです。シリーズものと知らずに帯に惹かれて購入して、読みましたが前の作品を読んでいなくても大丈夫でした。

あらすじ

~~ドレスに式場、準備はバッチリ♡ ・・・・ところで、花嫁は?~~

(帯より)

花嫁、どこにって意味深だわ!と思い、帯買いしたのです。以下の2作品が収録されています。内容を少しだけ紹介です。

・花嫁たちの袋小路

→今まで、優雅な暮らしをしていた平田美里、40歳。ある1日をきっかけに、今までの生活が180度変わってしまった。家に帰ると、病院にいるという16歳の娘の智子から電話が。なんと、すでに妊娠6か月になっているという。そして、夜には警察から電話があり、リストラにあった旦那がラブホで不倫相手と心中しようとして、騒ぎになったと電話が・・・・

稼ぎ頭を失い、ずっと専業主婦だった美里はどんぞこに突き落とされた。当然、就職先はなく、美里が生活費を稼ぐために選んだ手段は、「置き引き」だった。

たまたま、美里が「仕事」をしているところに出くわしたのが、亜由美(このシリーズの主人公のようです)。美里が追い込まれて、麻薬取引などにも手を染めようとしたとき、亜由美と相棒の犬ドン・ファンが解決に導く。

・四次元の花嫁

→暇だったので、亜由美は女友達とブライダルフェアにきていた。そこで、以前アルバイトで一緒だった男性・一柳と偶然出会った。一柳のブライダル担当の女性が亜由美の元へやってきて、一柳について相談があると言う。もう式場の申し込みも済んでおり、打ち合わせも4回目でドレスを決める段階になっているが、一度も花嫁は来ていないとのこと。

相手の女性が本当にいるのかどうか調べてほしいという依頼を受けた、亜由美は調べているうちに、事件に巻き込まれていく。

感想

いずれの話も思いがけない方向に話が転がっていき、どうなっちゃうのかハラハラしましたが、割と軽く読むことができました。もう少し、本格的なミステリーを期待していましたが他にも重めのミステリーを読んでいたので、この本はちょうどいい分量だったかもしれません。

他にも花嫁シリーズで亜由美とドン・ファンが主人公のものがあるようですが、正直ドン・ファンがあまり好きになれず・・・・結婚式場にワンちゃんを連れていき、リードをつけていないのは、ちょっと犬が苦手な私には好きになれず。

・・・と否定的なこと書いてしまいましたが、花嫁をテーマにしたシリーズは面白そうなので、また読んでみたいと思います。

おすすめ関連書籍

カフェなどでサラリと読める本を集めてみました。

【読書日記】あなたの恋人、強奪します_泥棒猫ヒナコの事件簿/永嶋恵美

【読書日記】オークブリッジ邸の笑わない貴婦人・新人メイドと秘密の写真/太田紫織

【読書日記】スマホを落としただけなのに/志駕晃

【読書日記】5分で驚く!どんでん返しの物語/『このミステリーがすごい!』編集部編

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事用