【おすすめ漫画】はたらく細胞〜Kindleで1巻無料〜

先日たまたま行った本屋の前に置かれていた立て看板をみて、思わず衝動買いしてしまった漫画「はたらく細胞」をご紹介します。

はたらく細胞とは?

体の中の細胞を擬人化した漫画で、月刊少年シリウスで連載中です。

白血球が雑菌と戦ったり、色々な細胞のドラマがあったりしますが、シュールな展開で話が進んで行きます。
思わずクスリと笑ってしまうような言い回しがいたるところにあり、じわじわと面白さがこみ上げて来ます。

色々な細胞が出て来ますが、主に表紙に出ている左側の白血球と右側の赤血球の二人(?)がメインで話が進んでいきます。

Kindleだと1巻は無料で読むことができます

内容

ネタバレしない程度に簡単に紹介したいと思います。

第1話は体内に細菌(肺炎球菌)が侵入してくるところから始まります。
赤血球が最近に襲われそうになっているところを白血球が助けに来ます。

肺炎球菌、白血球、赤血球それぞれの目的のために肺を目指しながら色々なドラマやバトルが繰り広げられます。

第2話はスギ花粉が侵入してくる話です。
体内がハチャメチャなことになっていきます。

第3話はインフルエンザウイルスの話です。
インフルエンザウイルスの侵入とT細胞の成長ドラマが描かれています。

第4話は擦り傷の話です。
体内の細胞にとっては外傷は外に排出される危険性がある大事件です。
そこから侵入してくる最近たちとの戦いがSFのように進んでいきます。

感想

何となく店頭の看板につられて買ってしまいましたが、面白かったです。
じわじわ来ます(笑

体内の細胞の役割なども紹介されていますので、小学生の勉強にも良いかもしれません。

試しに1巻だけ買ったのですが、続きが気になって仕方がないです。
月刊少年シリウスは見たことがありませんでしたが、今度手に取って見ようかと思います。

ちなみに、最新刊は8/9に5巻が発売したばかりのようです。
Kindleだと1巻は無料で読むことができますので、お盆休みに暇を持て余してるようでしたら試しにDLしてみてください。

当ブログでは漫画の紹介は初めてでしたが、オススメの漫画があればまた紹介したいと思います。

追記

結局2巻と3巻も買ってしまいました。

続きも面白かったです。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事用