【読書日記】オリーブの実るころ/中島京子

今回の本

私はオリーブの木が好きです。あの銀色がかった緑のシャープな葉が涼しげで、ついついオリーブの木やオリーブの絵柄のものを買いがちです。

そんな私が雑誌でこちらの本の紹介記事を見たら・・・買うしかないでしょう!!

created by Rinker
¥1,760 (2022/10/04 04:54:14時点 楽天市場調べ-詳細)

あらすじ

結婚と家族と真実の愛をめぐる6つのお話の短編集です。

【家猫】

夫に先立たれて一人息子のマンションに好物を作って差し入れに度々訪れる母親。

息子は現在、40代で大手メーカーの企画広報課長という地位についており、容姿も良く一度結婚に失敗したがまだまだイケるはずだ。

もしも息子が再婚したら家をリフォームして、二世帯住宅にしてもらい同居した方が良いだろうと考えているが、最近息子がマンションで猫を飼い始めたようだ。

まだ一度もその姿を見ていないが、猫が結婚の邪魔にならないだろうかと心配にもなる。もっとも息子は面倒だから結婚するつもりはないとはっきり言っているが・・・

【ローゼンブルクで恋をして】

父親が突然「終活をはじめる」と言い出した。

4年ほど前に5歳年下の妻を病気で亡くした父は、74歳。子どもは一人っ子の ひろし しかいない。

ひろしは今年30歳になるが、妻も子供もいる。

父はたまに電話をかけてきて、息子の保育園のお迎えなどでふた月に一度くらい顔を見せにくる。もっとも食事などを共にしようとせず、孫の面倒を見たらサッサと帰っていくので、息子が帰ってくるまで居座ることはめったにない。

父が終活をはじめる宣言からしばらくして、そういえば最近電話が来ないと気付いた。

電話をかけてみると折り返しの電話はなかったがメールが届いた。

「いま、お父さん、終活をしている。しばらく帰れません。父」と返答があった。

果たして父は一体なにをしているのだろうか。

感想

『家猫』では、本当に視点が変われば見えてくる事実は全く異なるということを実感しました。

バツイチの息子の母、バツイチの息子、別れた嫁それぞれの目線で語られます。

別れた嫁目線で語られるまでに先入観を植え付けられているので、真実を知った時ゾッとしました。しかもそれを悪かったとは思っていない息子側の人々が恐しいけど、私たちの日常でもありふれていそう…

表題作の『オリーブの実るころ』は、ひょんなことから始まった年代の違うご近所付き合いの話ですが、老人がなぜ庭先にオリーブを植えたのかが分かるラストでは心がじんわりと温かくなりました。

そういえばタイトルの内容と装幀が異なる話のものってあまり見ないかも。

装幀で描かれているのは『ガリップ』の話に出てくる白鳥ですね。

『ガリップ』は読んでいて、なんだかモヤモヤと物悲しい気持ちでいっぱいになりました。

主人公が物分かりが良すぎる!もっと男性も気付いて、察してくれればいいのに…なんて、女性あるあるの「察してちゃん」と言われるかもしれませんが…

『川端康成が死んだ日』は、意味が分かるとゾワッとしました。

本作のなかでやはり一番好きだったのは、『オリーブの実るころ』です。独りよがりではない真実の愛について考えさせられます。良い話だったなぁ。

また時間をおいて読み直してみると、違った感想になりそうな本作。本棚に並べておきたい一冊です。

今回の本の本体表紙と裏表紙

オリーブでタイトルが囲われていてオシャレ!!

裏は猫!この猫は・・・

ジャケットを外すと、また違った装丁で可愛いですね!茶色がオリーブの樹木を思わせます。

おすすめ関連書籍

長編を読む時間がなかなか取れない方におすすめの短編集を紹介します!!

【読書日記】事故物件、いかがですか?東京ロンダリング/原田ひ香

【読書日記】砂嵐に星屑/一穂ミチ

【読書日記】自薦THEどんでん返し/綾辻行人,有栖川有栖,西澤保彦,貫井徳郎,法月綸太郎,東川篤哉

【読書日記】小説の惑星 ノーザンブルーベリー篇/伊坂幸太郎編

【読書日記】YOASOBI小説集/星野舞夜,いしき蒼太,しなの,水上下波,橋爪駿輝

【読書日記】赤と青とエスキース/青山美智子

【読書日記】月曜日の抹茶カフェ/青山美智子

【読書日記】許されようとは思いません/芦沢央

【読書日記】スモールワールズ/一穂ミチ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
記事用