【読書日記】君が落とした青空/櫻いいよ

こんばんは。

最近、スッキリしない天気が多く、仕事も忙しくてスッキリしない気分の妻です。そんなスッキリしないこと尽くしでも、読書は自分の世界に新たな彩を加えてくれるので好きです。


今、夫は明日からの燃焼スープを作ってくれています。

はい、まだ燃焼スープ食べているのです。かれこれ10か月食べ続けています。朝と昼は燃焼スープ。これ、楽ちんですよ。夜は好きなものを好きなだけ。土日も好きなものを。でも体重は、ほぼキープ!

この話は、またどこかで。

今回の本

雨が降っているときや、曇り空のどんよりした気分のときにこの本を読んだら青春の甘酸っぱさと切なさで胸がいっぱいになりました。

あらすじ

付き合い始めて2年経つ、修弥(しゅうや)と実結(みゆ)。話は、ミユ視点で進んでいく。

11月に入り、そろそろ肌寒くなる季節なのに、雨が降るその日は湿気のせいで蒸し暑い。

ミユはイライラしていた。

嫌いな雨が朝から降り続いていること。朝ごはんが昨日の残りのカレーだったこと。朝からお母さんと大喧嘩したこと。授業で忘れていた小テストがあって全然できなかったこと。お弁当が片方に寄ってしまっていたこと。

シュウヤとは放課後にデートの約束をしているが、シュウヤは、いつもの通りホームルームが終わってから1時間以上経ってから、ミユを迎えに来る。その1時間の間はシュウヤは友達と話している。ミユは1人で待っている。

デートと言っても、映画を観て、お茶をして、終わり。手もつながなくなった。そんな2人が付き合い始めたキッカケは、中学2年の頃、クラスメートに2人が仲がいいと冷やかされたときにシュウヤが言った一言「じゃ、付き合おっか?」。

ミユは、心の中にずっとモヤモヤしていることがある。あの時シュウヤは、その場のノリで付き合ったのではないか?友達の方がミユより大事なのではないか?友達の中にいる可愛い女の子のことが好きなのではないか?

今日は映画が終わったあとに、シュウヤのケータイに電話が入った。ミユといるのに誰かに呼び出され、行くと答えるシュウヤ。ミユは言いたいことを飲み込んで、見送る。その直後、ブレーキ音が響く。車に轢かれて、動かないシュウヤ。どうして?なんで?周りの音が聞こえなくなっていく・・・

そして、目が覚めたとき、朝ごはんは昨日のカレー。勉強していない小テスト、シュウヤに放課後のデートに誘われる。

ミユは、シュウヤが事故にあったその日を繰り返す。

シュウヤが事故に合わないように頑張ろうとしたり諦めたり・・・その中でミユが得た答えは・・・

感想

最初に裏表紙を見たとき、「ひぐらしのなく頃に」を思いました。同じ日を繰り返すなんて。しかも前日の記憶を持って。

ミユ視点での話なので、ミユが同じ日を繰り返すことで次第に見えていくことが多くなり、シュウヤの本当の気持ちにも気づいていくところで、青春を感じました。でも最後にはシュウヤは何度も事故に合ってしまうので、切なさを感じました。

おすすめ関連書籍


青春を感じる本たちはコチラ!

【読書日記】幻想日記店/堀川アサコ【オススメ本】

【読書日記】猫と幽霊と日曜日の革命/河野裕

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事用