【読書日記】殺した夫が帰ってきました/桜井美奈

今回の本

1月に電子書籍で購入した本です。

購入のきっかけは、インスタでおススメされている方が多かったこと。

そのタイトルから頭が「??」でいっぱいになったことから結末を知りたくなったことです!

created by Rinker
¥748 (2022/10/04 10:00:35時点 楽天市場調べ-詳細)

あらすじ

茉菜は山道を車で下っていたが、その運転する手は震えていた。

震えは山道の気の抜けない連続するカーブのせいだと思いたかったが、赤信号でも震えは止まらない。

理由は、『崖から夫を突き落とした』からだ。

後悔と安堵。茉菜は結婚してから罵声と暴力に耐えていた。

あれから5年近く経った。茉菜は東京のアパレルメーカーの商品の企画・デザインの仕事を始めて2年目になった。

仕事は順調だったが、唯一の懸念事項が取引先の穂高という男性社員だ。

先輩社員のアシスタントとして出向いた先で知り合ったが、仕事の連絡を茉菜のプライベートの携帯番号に直接連絡してきたり、偶然出会う回数が多い。

茉菜は28歳で特に結婚しているとは会社で言っていないし、結婚指輪もしていなかった。

先輩社員に穂高のことを相談したその日の帰り、自宅のアパートに着いて鍵を差し込もうとしたところで声をかけられた。

恐る恐る振り向いてみると穂高が立っていた。『偶然』だと言い張る。

茉菜は鍵をポケットに入れたが、穂高は夕飯を茉菜の家で作ると言い、強引に鍵の入っているポケットに手を突っ込んできた。

鍵を奪われ、逃げたいのに穂高が茉菜をがっちりと掴んで離さない。

逃げたいけど、茉菜に逃げる場所はない。考えている間に男性が近づいてきて助けてくれた。

その男性の顔を見た茉菜は心臓が止まるかと思った。

男性は、夫だったのだ。殺したはずの・・・・

感想

記憶を失った夫が自分を殺した妻の元へ帰ってきて再び一緒に暮らすことになるのですが、夫がいつ『記憶を取り戻すのか』が読んでいて手に汗握るシリアス感たっぷりだなと思っていました。

でもこの小説の驚くべき展開は、そこじゃなかった。

途中から感じてくる違和感が最後に回収されるのですが、なんともやるせない気持ちと切ない気持ちになりました。

どうかこの先は幸せになってほしい。

子どもを持つ親目線で見ると、親の都合を押し付けないようにしたいと強く思いました。

ただ単に(?)殺した夫が帰ってくるだけのストーリーではないので、さまざまな伏線を楽しみながら読んでみてください!

おすすめ関連書籍

不穏な感じがお好きな方向けの本を紹介します!

【読書日記】花束は毒/織守きょうや

【読書日記】はぶらし/近藤史恵

【読書日記】許されようとは思いません/芦沢央

【読書日記】貴方のために綴る18の物語/岡崎琢磨

【読書日記】ルビンの壺が割れた/宿野かほる

【読書日記】誰にも言えない/丸木文華

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
記事用