【読書日記】グッバイ、マスターピース/新馬場新

今回の本

以前に紹介した『月曜日が死んだ』でその表現力が面白くて大ファンになった新馬場新さんの新作です!

created by Rinker
¥715 (2022/05/20 14:48:51時点 楽天市場調べ-詳細)

あらすじ

幼馴染の凪斗と波は小さい頃に同じ漫画にハマっていた。

宇宙を舞台にした壮大な漫画 『手を伸ばせ!』

いつか凪斗もこんな漫画を描けることを夢見て、波は凪斗が描いた漫画を読むことを夢見ていた。

そして2人は高校生になった。

波は今でも連載が続いている『手を伸ばせ!』が大好きで最新刊を凪斗に貸そうとするが、凪斗は漫画家の夢を語ることはなく昔の話を持ち出してくる波を鬱陶しく思っていた。

凪斗が友達のあやめにファストフード店で波についての愚痴を言っていると、その店にちょうど波が入ってきて話を聞いてしまった。

波は白い顔をして胸を押さえてその場に倒れこみ、そのまま二か月眠り続けた。

その二か月の間、凪斗は罪悪感に苛まれて波の病室にお見舞いに行っていた。

波が眠っている間に他にも衝撃的なことがあった。『手を伸ばせ!』の作者が脱税容疑で逮捕されてしまい、連載が中止されてしまったのだった。

来月に期末試験を控えたある日、凪斗は放課後病院へ走った。波が目を覚ましたという連絡がきたのだ。

波は結局、半年も眠り続けていたのだった。病室で以前と同じように笑う彼女は、明らかに痩せこけていた。

漫画の話になり、凪斗は作者が逮捕されて連載がストップしたため最新刊は出ていないことを伝えようとしたが・・・

波は心臓麻痺で倒れて、もう一度でも心臓麻痺が起きれば命が危ないと言われており、明らかにショックを受けるであろう事実を伝えられなかった。

凪斗は、あやめ や漫画部の先輩と手芸部であった波の後輩の力を借りて、お蔵入りになってしまった漫画最新刊を作り上げることにした。

その名も『プロジェクト・マスターピース』

凪斗は無事にお蔵入りしてしまった漫画を波に届けることができるのかーーー

感想

登場人物のそれぞれが情熱的!夢を持っているけれども挫折したり苦い思いもしていて、追い続けることに躊躇いがあったり・・・そして、高校生という若さ故のちょっと自分勝手なところもあって。

いや~~~~青春してるね!!!

と大きな声で言いたくなるような青春のエッセンスがぎゅぎゅっと絞り込まれたような一冊でした。

新馬場さんのウィットに富んだ文章は漫画部部長の浪漫先輩のセリフで楽しむことができました。

優しくて悲しい嘘が時には人を救うこともあるのだと教えてくれる小説でした。

帯を外すと、「え!そうなの!?」という仕掛けがありました。

これは、あの子の作品なのかな? ぜひ実際に手に取って確かめてみてくださいね。

おすすめ関連書籍

青春を感じられる本を今回は紹介します!

【読書日記】本を愛した彼女と、彼女の本の物語/上野遊

【読書日記】君の膵臓をたべたい/住野よる

【読書日記】君が落とした青空/櫻いいよ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
記事用