【レビュー】iPad mini4用にBluetoothキーボードを購入

iPad mini4を購入して3ヶ月が経ちました。
軽いレビューとiPad mini用に購入したBluetoothキーボードのご紹介をしたいと思います。


iPad miniの良い所

miniの良いところはサイズ感です。
iPadでは大きい、iPhoneでは小さいという間に位置する絶妙な大きさです。

私は手が小さいので、iPadだと持ち替えずに入力することが難しいです。
miniのサイズだと両手で持つと丁度親指がキーボード全体を網羅することができます。

残念なことに2015年に発売されてからモデルチェンジされていないので、スペック的には少し古くなって来ていますが、それでも普通に使う分には問題ないスペックです。

元々我が家にはiPad Air2があったのですが、持ち運ぶにはやや大きかったのです。
携帯性を上げたいと思ってminiを購入した次第です。
購入時の記事はこちらです↓

関連記事

iPad miniの使いどころ

3ヶ月の間にどこでiPad miniを使って来たかを紹介します。

1.通勤時に持ち歩く
iPadだと毎日持ち歩く気にはなりませんが、miniだと重さ、軽さ共にカバンに入れておいてもそれほど負担にはなりません。
通勤はJRですが、混んでる時は流石に使う気にはなれませんが、座れる時はさっと取り出してWebを見たりtwitterを見たりしています。

2.枕元で使う
寝る前に使う時もあります。
iPadだとどの体勢でも辛いですが、miniだとまだ持ちやすいです。
何より枕の横で動画を見たりする場合に丁度良いサイズです。

3.カフェで使う
外出先にも持っていけます。
購入時の記事の最後に写真も載せていますが、普段使っているメッセンジャーバッグにも入るので気軽に持ち運べます。

外出時にカフェを利用することが多いのですが、カフェでのんびりネットを見るのにも適しています。

Bluetoothキーボード

手頃なサイズ感ですが、外出時にminiでブログを更新しようと思うと流石に骨が折れます。
なのでBluetoothのキーボードを購入しました。

ヨドバシで購入しましたが、アマゾンの方が安かったです。。。

購入にあたり、注目したところは、「コンパクト」であること、「安いこと」の2点です。
基本的にノマド目的で外出する際はMacBookProを使います。
そのため、mini用にはガチなキーボードは不要で、さらっとブログ更新(下書き程度)をするというのが目的ですので、性能面はあまり重要視せず、値段と携帯性を重視しました。

色々検討したところ、安いこちらを選んでみました。

外観

開けて見たところです。
ケースに入っています。

ケースはこのようにしてスタンドにすることができます。

iPad miniを乗せたところです。
ケースに入れているとうまくおさまらないので、普通にケースのスタンド機能で立てた方が良さそうです。

打鍵感

携帯性、大きさを考えると、打感自体は悪くないです。
快適ではないですが、スマホやタブレットで直接入力するよりも大分いいです。

ただ、ちょっと不満もあります。
2つ折りになっているんですが、「B」のキーが折り目の右側に来ているんですよね。
私は「B」は左手の親指で打つのですが、いつもの感覚でタイピングすると丁度折り目の位置を押してしまいます。
これがあまり好きではありませんでした。

あとは、文字種別の変更がiPadと相性が良くないようです。
変更用のキーはあるのですが、うまく効いてくれず、英語と日本語を切り替える時はソフトウェアキーボードを出さないと変更できませんでした。

総括

普通に文章を打つ分には問題ないキーボードでした。
iPadの操作性の問題もありますが、ブログの投稿をする場合は文章の整形や画像挿入、リンクなどは作業しにくい感じです。
エディタを工夫すると解決する部分もあるかもしれませんが、テンプレートがある状態から文章を書くには使えそうという印象です。

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事用