【映画】美女と野獣

こんばんは。
妻の方です。今回は映画レポです!

美女と野獣

おなじみ、こちらのガラスに入ったバラといえば!!美女と野獣!!

みなさん、「美女と野獣」の実写版映画は観ましたか?

私はGW中に観に行ってきました!なぜ2か月近く経った今、ブログに残そうと思ったかというと・・・今になって「美女と野獣」熱が再燃してきたからです!!

本当に期待を裏切らなかった映画でした。

実写化の不安

ディズニーアニメの「美女と野獣」は昔から愛されている映画ですね。

実写化されると聞いたとき、野獣は中に人が入ればいいとして、ポット夫人やルミエールたちは一体どうなるんだ!?と不安に思っていました。

そして正直な話、映画のCMが出たときに野獣の顔が好きになれませんでした。それにポット夫人も何だか怖い・・・

いよいよ映画が公開されて、母に誘われて映画館へ。

私が鑑賞したのは、日本語吹き替え版の2Dです。映画館にチケットを買いに行ったのは、予定時刻の2時間前だったのにも関わらず一番前の列か二番目の列しか空いていませんでした!!

仕方なく2列目を選択しましたが、こんなに前の方の席で映画を観るのは初めてでした・・・

上映開始

いよいよ映画が始まり、アニメでおなじみの≪朝の風景≫の音楽が流れ、エマ・ワトソンが家から出てきた瞬間、気分は上昇!!

小さいころから≪朝の風景≫の歌を1人で歌っていた私です。村の住人もアニメの感じが再現されていました!

ただ、少し残念だったのがアニメ版の吹き替えでは「たまご~ちょうだ~い♪」「とても~たかいよ~♪」の歌詞だったところが、「たまご~6つ~♪」「たかす~ぎるんだ~♪」に変わっていたところです。ここの歌詞お気に入りだったのに・・・ちょっと悲しかったです。笑

野獣の顔が最初は好きになれなかったけれども、映画も中盤にいくにつれて夢中になり引き込まれていきました。

人物の再現率が高すぎました!
ガストンは、アニメそのままだし日本語吹き替えも超いい声!
ル・フウもお茶目な感じがそのまま、吹き替えの藤井隆もいい感じでした。
エマ・ワトソンは可愛いし、美しかったです。

ちょっと脱線すると、エマ・ワトソンについてはハリーポッターシリーズで、ずっと成長を見守っていましたが、あの炎のゴブレットの時のダンスパーティーでいつものハーマイオニーから変身して美しいドレス姿を披露した時を思わず思い出してしまいました。

余韻

映画では、今まで語られなかったベルの母親の話が出てきます。
また途中でアニメにはなかった、ガストンの非道なところも。

DVDが出たら、ぜひまた観たいと思います!3Dや4DXも体験してみたかったなぁと今更思う今日この頃です。

映画の公開ももうすぐ終わってしまうので、仕方なくサウンドトラックの≪夜襲の歌≫と≪朝の風景リプライ≫を聞き、映画の余韻を噛みしめてDVD化を待ちます。

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事用