【読書日記】セカンドステージ/五十嵐貴久

北海道には梅雨はありませんが、花粉によるアタックがまだ続いています。4月ぐらいには、ハンノキやシラカバの花粉が飛び、夏にはイネ花粉が飛びやがります。
花粉のせいで、花粉メガネとマスクとアレルギーの薬がまだまだ手放せません・・・

今回の本

前置きが長くなりましたが、さっそく今回の本についてです。


頑張るママとお爺ちゃん、お婆ちゃんの話です!

あらすじ

1人目の子どもを産み、初めての子育てで精神的になかなか前向きになれずに復職を伸ばし、2年経ったころに予定していなかった2人目の妊娠が発覚したことで仕事を辞めて専業主婦として暮らす杏子。

夫は、最初の頃だけ仕事のペースを緩やかにして子育てに協力したり、お酒好きな杏子が母乳のためにアルコールを絶っていることに付き合い、控えめにしていたが、下の子どもが3歳になるころには遠慮なしに目の前でも飲むようになった。

毎日のように子供2人と夫のお世話に振り回されて、くたくたになり社会から取り残されたように感じている。

そんな杏子が始めたのが’ママをターゲットにした、マッサージ師と家事代行の派遣’。宣伝媒体はホームページのみ。社長は杏子で自分がマッサージ担当する以外は、電話で社員と連絡を取る。

そして社員は、お爺ちゃん・お婆ちゃん。

ママ向けのターゲットであるため、料金自体は安く抑えているため社員への賃金も少ないが、賃金よりもやりがいと誰かのために働きたいということで皆生き生きと働いている。

このビジネスを始めたことは、夫には秘密だ。

世の中のママたちの中には、ずっと会話ができない乳児と1日の大半を2人きりで過ごし、精神的にも肉体的にも疲労困憊している人が多い。実家が遠いなど様々な理由で、頼れる人もいない。そんなママをターゲットに2時間で家事代行する人とママの疲れた腕や肩をマッサージするマッサージ師を5千円で行うサービス。

なかには、かなり精神的に追い詰められているママもいて、お爺ちゃん・お婆ちゃんのいい意味でのおせっかいで奮闘してママたちの悩み解決を図ります!

ただし、問題は山積み・・・杏子の家の子どもたちも何かを隠しているようだし、夫は「子どもたちから目を離すな」と言い、家事には協力しない。

杏子は無事にこの仕事を続けられるのか?

そして、杏子の家は大丈夫なのか?

感想

私自身もゆくゆくは、子どもを産み、仕事も最初のうちは時短などでセーブしつつ大きくなったら通常通りの仕事に戻りたいと思っています。

復職したい理由としては、仕事が大好きだから!という理由が1番ではなく、やはり家のローンや私自身の奨学金の返済などがあるため、お金のことが1番ですね。できることならば小学校入るくらいまでは成長を見ていたいところですが。そうもいかないのが現実・・・

この本を読んで一番印象的な言葉がありました。

あるママが家のことも育児も完璧にやり過ぎている家で、復職してもいい条件に夫が出したものが「家のことはちゃんとやれ。子育ても完璧にやれ。そうじゃなきゃ仕事に戻ることは認めない。」。

完璧にやろうとして、頑張ってもやるのが当然で夫はありがとうもお疲れさまも言わない。「普通だろ」と言う。

・・・これ、旦那がいる意味あります?手のかかる乳児抱えて、旦那の世話もしながら家事も完璧にやらなきゃいけないなんて!さらに仕事に復職してからも完璧にやって当然なんて!読みながら憤慨してしまいました。

本を読んだ後に私の旦那に『復職した後に子育ても家事も完璧にやれって言う?』と聞いてみたところ、言わないとのこと。なぜなら現時点で家事も完璧にできてないから。笑

『そんなに頑張れなんて言わないよ』とのことで安心しました。

嫁姑問題や夫との子育てに関する温度差など、いろいろ考えさせられる内容も多いですが、お爺ちゃん・お婆ちゃんのお節介で見事解決していて、読んでいて楽しかったです!

おすすめ関連書籍

子育て関連でのおススメは・・・

【読書日記】憧れの女の子/朝比奈あすか

お仕事頑張る関連でのおススメは・・・

【読書日記】これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~/青木祐子

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事用