ハウスメーカー選び〜豊栄建設にしました〜

前回の記事で住宅購入を公表しましたので、ブログのカテゴリに新たに「住宅」を追加しました。
少しずつマイホーム購入に関する記事を追加して行きます。

さて、家を建てると決めたあと、最初にやるべきことは2つです。
土地探しとハウスメーカー選びです。



ハウスメーカー選び

私たちは知識もなかったのでまずは、住宅展示場と完成住宅見学会に行くところからはじめました。

見学したハウスメーカーをいくつか紹介したいと思います。

ダイワハウス

以前の記事にも書きましたが、住宅展示場とニュータウンのモデルハウスイベントに行きました。
ダイワハウスはメジャーなハウスメーカーであるため、費用は高めになっています。

建物だけで3000万円〜ぐらいは考えた方が良さそうな感じでした。
土地代も考えると私たちには手が出ませんでした。。。

一条工務店

一条工務店は北海道マイホームセンターのモデルハウスを見に行きました。
ここは「標準仕様」というのが大好きなようで、他のハウスメーカーなどではオプション扱いになっているものを自社開発、自社制作しているそうなので、質が高いものを標準価格で提供してくれるそうです。

統一感があって良いものをローコストで実現可能ですが、他のメーカーの物を選べないというデメリットがありました。

標準仕様のおかげか、建物価格は2100万円〜とのお話でした。
諸費用や付帯工事を含めると2500万円以上は必要でしょうか。

ミサワホーム

ミサワホームはニュータウンのモデルハウスイベントに行きました。
営業さんの感じはすごく良かったです。

建物としては「蔵」のある家をコンセプトとしているようです。
「蔵」ってなに?って感じですが、簡単にいうと天井高の低い納戸のことです。
天井が低いと固定資産税の面で利点があるそうです。

1階と2階の間に蔵がある間取りが多く、必然的に建物の高さが高くなり、階段の数も多くなっていました。
階段が気になる人は避けた方が良いかもしれません。

価格の話は聞きませんでした。

豊栄建設

豊栄建設はたまたま家に完成住宅見学会のチラシが入っていたので行ってみました。
ここはチャレンジ999として、建物価格が999万円というプランが売りのローコストハウスメーカーです。
札幌中心で注文住宅をやっているそうです。

999万円に諸費用、付帯工事で大体1800万円ほどになります。

建物の価格について

一戸建ての価格って実はすごく分かりにくいんですね。
チラシなどに書いている家賃と同額でというのは、ほぼ当てになりませんし、○○万円でというのも単に建物の代金のみというケースがほとんどです。

ざっくり書きますと

土地代 + 建物代 + 付帯工事(電気/ガス/水道などの工事) + 諸費用(印紙代、つなぎ融資費用など)

が家を建てるに必要な費用になってきます。
チラシなどでは主に建物代だけピックアップしたり、ボーナス払い前提で家賃と同額と言ったりという感じで、買えそうという錯覚を狙った場合が多いので、注意が必要です。

最終的に豊栄建設に決めました

色々見て回りましたが、最終的に豊栄建設で注文住宅を建てることにしました。

豊栄建設では広い住宅用の土地をたくさん買い上げており、ニュータウンの開発に力を入れています。
建物や価格が気に入っても土地がないという場合も多いですが、豊栄建設は比較的多くの土地を持っていたのも決めての一つでした。

私たちが決めた場所も、たくさん用意された分譲地で建築条件つきの土地です。
建築条件つきなので豊栄建設以外は選べませんが、その分土地も安く、建物もローコスト住宅なので私たちの収入でも十分手が届く価格だったのが決め手でした。

こんな感じで、私たちのハウスメーカー選びと、選んだハウスメーカー選びを紹介してみました。

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事用