アクティベーションロック状態でAppleIDがわからない時の対処方法

先日、義父(妻の父)のiPhoneに突然アクティベーションロックがかかり、端末が操作できない状態になりました。

対処方法について色々と調べてみましたが、欲しかった情報が得られなかったので自分でまとめておくことにしました。


アクティベーションロックとは?

アクティベーションロックはAppleデバイスに組み込まれている盗難時や紛失時に不正に端末が使用されることを防ぐための機能です。

iPhoneの場合、「iPhoneを探す」機能をONにしておくと有効になります。
万が一紛失した時には別な端末やPCから失くしたiPhoneをロックすることができます。

ロックされた端末はこのように端末に紐付けられているApple IDが無ければロックを解除できない仕組みになっています。

詳細はアップルのサイトに記載されています。

今回発生した事象について

今回の問題内容と経緯についてです。

<端末>

はじめに端末の情報です。

キャリア    :docomo
端末      :iPhone6s
端末の購入方法 :店頭にて一括購入
AppleID    :不明(ドメインは@icloud.com)

<経緯>

妻の母から父のiPhoneの画面がおかしくなったとの連絡がありました。
突然「こんにちは」と書かれた画面が表示されると言うのです。


電話で話しても解決できなさそうだったので、妻の実家へ行くことにしました。
状態を確認すると、アクティベーションができない状態でした。


これは妻の実家は電波状況があまり良くないことが原因でした。
そのため、電波の通りやすい窓際に端末を持っていくとアクティベーションが開始されました。

そしてその後が問題の画面です。

この画面でApple IDとパスワードを入れれば晴れてアクティベーションされると言う流れですが、今回は心当たりのApple IDとパスワードを入れてもApple IDが無いとエラーが出て進めなくなってしまいました。

義父はApple製品をこのiPhoneしか持っていないため、他の端末からAppleIDを確認することは不可能です。
また、不運にも妻がメモしていたAppleIDも間違えていたため完全に詰みました。

<問題発生のトリガー>

アクティベーションロックがかかるタイミングについて調べてみましたが、確実な情報として得られるものはアップルのサイトです。
アップルのサイトは盗難、紛失時に「探す」Appからロックをかけれるとしか記載されていません。

そのほかのサイトに書かれている情報としては、
・端末の初期化後
・iOSのアップデート後
・原因不明

といったものでした。
おそらく今回は「原因不明」に当たるのでしょうが、私の推測では電波状況が悪かったことによって何かしらの認証のタイミングで通信に失敗してロックがかかってしまったと考えています。

復旧方法

この状態になってしまった場合に取れる対策は以下の順です。

1.AppleID確認サイト(iforgot.com)からAppleIDを確認する

2.IDが分かればパスワードリセットする

3.確認したApple IDとパスワードでアクティベーションする

ですが、1.の段階でわからない場合はアップルのサポートに電話するしかありません。

アップルのサポートへ連絡

サポートへ連絡する手順は以下になります。
1.アップルのサポートサイトhttps://getsupport.apple.com/で対象の製品(今回はiPhone)を選び、「Apple ID および iCloud」を選択します。


2.「アクティベーションロックのヘルプ情報」を選択します。


3.「デバイスは、あなたが知っている Apple ID にリンクされていますか?」の選択で「はい」を選択します。
 →中古で購入した場合などは「いいえ」を選択しますが、前の所持者に連絡してくださいという情報しかありませんのでアップルでの解決は無理だと思われます。


4.「ご希望のサポート方法をお選びください」から「Apple サポートと電話で話をする」を選択します。


5.「Apple サポートと電話で話をする」を選択しシリアル番号を入力します。
 →シリアル番号が分からない場合はSimトレーを確認します。
 →詳細はiPhone、iPad、iPod touch でシリアル番号や IMEI を確認する


6.シリアル番号を入力するとiPhoneの場合は自動で画面が進みます。後は画面の指示に従って問い合わせを開始します。


7.アップルのサポートから電話がかかってきますので、アクティベーションロックされてしまった旨を伝えます。

アップル担当者とのやり取り

この後はアップルの担当者とやりとりになりますが、すぐにロックを解除してくれるわけではなく、まずはAppleIDの復旧を試みます。
(iforgot.comなどに繋げる手順を試すなどです。)
それでもダメだと分かれば、最終手段を案内されます。

アップル側で強制的にデバイスとApple IDを切り離す事が可能で、それによって端末を使える状態にできるそうです。
ただし、切り離した後は初期化が必要になるため、端末に保存された情報を救うことはできません
切り離されたApple IDと共に闇に葬られてしまいます。

これは避けられないことですので、諦めましょう。

切り離すためにはiPhoneをちゃんと購入したという事がわかる書類が必要になります。


※ネットで調べた情報だと、購入証明書が必要と書かれているサイトがいくつかありますが、ドコモに関してはそのような書類はありません。(ドコモショップで確認済み)

必要になるのは購入時に発行される以下の書類です。
ドコモショップでも発行可能なのはこの書類と同じもののようです。今回はたまたま保管しており、ドコモショップに持ち込んで確認しましたが、発行できるのはこれだけとのことでした。


この書類がない場合は購入したドコモショップで再発行してもらいましょう。
ちなみに、一括で購入した場合は書類に製品番号が記載されないようです。ドコモショップの店員さんによるとこの書類なら大丈夫というお話でした。

電話終了後

アップルのサポートとの電話が終わると、購入時の書類をアップルへ送信します。
送信はアップルのサイトから行いますが、URLは電話で担当者に伝えたメールに送ってもらいます。

そこから購入した時の情報と書類を撮影した画像ファイルを入力してアップルに送信します。

これで申請は完了です。
混み具合にもよりますが、今回は申請から3営業日ほどでロックが解除されるそうです。
(本記事を執筆した時点では申請中です)


ロックが解除された後はPCと接続し、初期化が必要になります。
初期化後は新しいApple IDでアクティベーションします。

問題が大きくなった理由

今回の問題の1番の原因はiPhoneを購入した際にApple IDを新規で作成し、メールアドレスをicloud.comにしたことでした。

この場合はもうどうしようもありません。
メールアドレスの先頭が出ていても、その後ろのアドレスが何であるかを知る術がないのです。

ドコモでキャリアメールを使用していた場合は別なiPhoneにSIMを入れてプロファイルをDLすればメールアカウントが復活するので確認する事ができます。
GMailなどのフリーメールであれば、一応は複数の確認手段もありますが、そもそもメールアドレスが分からなければ確認しようがありません。

キャリアメールを避けた方が良いという情報は多いですが、今回の経験を踏まえるとスマホに対する知識が豊富ではない人はキャリアにがっつり乗っかった方が安全ではないでしょうか?

今の時代、何でもかんでも「格安SIM=良い」みたいな風習がありますが、個人的には何でもかんでも格安SIMがいいとは思っていません。
一人暮らしであったり、家族のキャリアがばらばらだったり、iPadなどに補助的に使うといった用途であれば全然ありです。

関連記事

まとめ

突然のアクティベーションロックはかなり恐ろしい事象です。
今回は私が義父の代わりに調べて対応しましたが、スマホに詳しくない方がこの状態になったらかなり大変だと思います。

ドコモショップに駆け込んでもアップルのロックなので対処することもできないですし、ドコモショップの担当者の方も全員が知識豊富ではないので門前払いされるケースもあるかと思います。
今回私もドコモショップに行っていますが、たまたま担当してくれたのが副店長さんで知識も豊富な方でしたのですんなり話が通りましたが、経験が浅い方だと話が伝わらずにかなりモヤモヤしたと思います。

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
記事用