【読書日記】イヤミス短篇集/真梨幸子

こんばんは。

今日は会社で心が平安ではなかった。めざましテレビの占いで
魚座が12位なだけあります。

ラッキーにするための行動?で「動物の頭をなでる」ってあったので、朝に夫の頭を撫でたから多少緩和されたのかなぁ。
当然、旦那からは「動物じゃない!」と怒られましたが。
(動く物)で動物じゃあないか。

今回の本

表題のイヤミス短篇集について、紹介を。昨日読み終わっておいて良かった。今日まだ読んでいたら、心にブリザードが吹き荒れるところだったわ。


その名もイヤミス!!
後味がすっきりしないイヤ〜〜な感じが残るというお話がつまっております。

どの話もほんのり怖くて、スッキリしなくて、後味いい感じに悪いぜ。
各編ごとにネタバレしない程度に感想を書いていきます。

これを見て、読んでみようかなって思う人がいたら嬉しいな。

あらすじ

一九九九年の同窓会

→1999年。2000年になる前に人類は滅亡する。記憶に新しいノストラダムスの大予言。この予言の年に再会しようと約束していた2人がいた。そして事件として未だに耳にし、注意喚起のポスターを目にすることが多い、「オレオレ詐欺」。

関係なさそうなのに、ものすごく関連する。一体誰がホンモノ??途中で混乱するし、みんなが疑わしくなってくる。最後の最後まで油断できない。あの伏線はココで回収するのか!と驚いた。

いつまでも、仲良く

→学生時代の仲良し○人組。誰しもこんな風にグループを作ったことがあるかと。このお話は、グループの1人が激ヤセして美しくなったところから始まる怖い女たちの話。でもアルアル話。そして、ラストはそこにも女同士の関係って持ち込まれるか!!とゾッとした。

シークレットロマンス

→社内恋愛のドキドキ話かと思いきや、さすがはイヤミス短篇集!イヤミスから外れてない!!怖い。怖い。何が怖いって、自分の思い通りにいかなかったら、思い通りになるように何でもしちゃうところ。ミステリーの犯人って割とそういう人多いですけど、全然思ってもみなかった人が犯人だった…

初恋

→イヤミス短篇集の中では、まだ比較的ホッコリかな…まあ、イヤミス選ぶ時点でホッコリ求めてないだろうけれども。イヤミス続きで、お腹いっぱい気味な時に小休憩。

でもイヤミス。最後は怖い。まさかの。ダブルで驚いた。

先入観って自分を騙すね。

小田原市ランタン町の惨劇

→オシャレな名前とは裏腹な内容。まぁ惨劇ってついてるしね。これは、見事に騙された。全然、違和感なく最後まで読んで、え?ってなって、ページ戻ったりして。

でも未だにまだちゃんと分かっていない気がする。3度読みしようかな。2度読みは、必須だと思う。

ネイルアート

→こわいよー。ちょっと気持ち悪い話かも。

最後の話に相応しい、意外な犯人だった。後味は当然イヤな感じだけど、ミステリー要素は1番に感じたかな。

たまに読みたくなるなるイヤミス。かわいいショートケーキの表紙に騙されず、読んでみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事用

コメント

  1. 突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
    書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

    貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

    本が好き!:http://www.honzuki.jp/

    こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。レビューをご投稿の上ご連絡いただけましたら、通常は審査を通過した方のみ申し込み可能な献本に、すぐご応募いただけるようにいたします。

    1.会員登録 
     こちらのフォームよりご登録ください。
     http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
    2.書評投稿
     書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
    3.ご報告
     貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
     http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

    名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

    よろしくお願いいたします。