【読書日記】殺人出産/村田沙耶香

こんばんは。

妻の方です。本日読み終えたばかりの本について、書きたいと思います。

タイトルは「殺人出産」。

なんて物騒な題名なのかしら。ワクワクするじゃないか。

出産と殺人は、決して相容れぬもの。なのに並列して題名になるとは何事か。

この本は、全部で4編からなります。

全て、生と死に関わるもの。

表題作の「殺人出産」は、期待を裏切らない。

10人産んだら、1人殺せるという未来。

女性も思春期を迎えたら避妊器具をつけられ、子供を産むのは本人が望むときか、もしくは【産み人】になった人か、罪人か。

そして、この未来では男性も人工子宮によって産む側になることができる。ちなみに男性の方が負担が大きいらしい。(人工子宮を取り付けるための手術や帝王切開での出産になるので)

設定が面白い。1人を殺すために10人産む。10年以上の月日をかけて、出産という命がけの行為を繰り返す。1人を強く想って。

そして【産み人】に殺された人は、みんなに感謝される。

主人公の姉がもうすぐ10人目の子供を産む。殺すのは誰なのか。

非現実的な不思議な世界だけれども、読み終えた後はゾッとする。こんな世の中にならないという保証はないから。

どの話も非現実的だけれども現実になる日が来るかもしれない。そんな話が詰まっている。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事用