【VPS比較】さくら vs DTI WordPressでブログやるなら?

このたくみんちブログはWordPressで運用していますが、サーバ自体はVPSを使用しています。
今回はVPSについてご紹介します。


VPSとは?

VPSとは仮想専用サーバーです。

専用サーバや共有サーバとは異なり、物理サーバ上に仮想的にサーバを作成して利用する形になります。
Macユーザであれば「Parallels Desktop」や「VMware」などでMac上でWindowsを使っている方もいるかと思いますが、それをLinux上で構築してユーザに貸し出すサービスがVPSです。

共有サーバと異なり、管理者権限が与えられるので、自由にサーバをいじれます。
仮想サーバなので、コストが安く、専用サーバーと比較すると料金面で利点があります。

DTI

当ブログを構築する際に最初に選んだのがDTIのVPSでした。
こちらのサービスは月額467円(税抜)で利用できるため、お安く運営できます。

昔、docomoのi-modeメールをiPhoneに転送するために使用していたことがあるため、こちらのVPSを選択しました。
OSのテンプレートにブログセットもありましたので、CentOS7で構築してみました。

ところが、めちゃめちゃ遅くて使い物になりませんでした。
ログインしてから管理画面が開くまでに数分かかります。リンクをクリックしても数分かかるため全く使い物になりませんでした。

Webを色々調べましたが情報はなく、解決方法が見つかりませんでした。
一度アンインストールし、CentOS6で再構築しましたところ、少し早くはなりましたが、それでも実用レベルではなかったので解約しました。

サーバ自体が遅いわけではなかったのですが、WordPressが全然ダメダメでした。
アプリのバージョンとか相性の問題だったのかもしれません。

ブログセットとしてサービスを提供しているのにこの品質は問題ありだと思います。

リンク

さくら

2つ目に選んだVPSがさくらです。
基本スペックはDTIとほぼ同じですが、料金はこちらの方が気持ち高いです。
また、初期費用がかかります。

さくらのVPSの特徴としては、ストレージにSSDを選択できます。
SSDを選んだ場合でも料金は変わりませんが、容量が少なくなります。

最近のサーバではCPUやメモリがボトルネックになることよりもディスクI/Oがボトルネックになるケースが多いので、高速なSSDが選択できるさくらのVPSは良いと思います。

WordPressも快適に動作します。
こちらはブログパックのようなものはないので、全て自分でセットアップする必要があります。

また、データセンターに石狩を選択することができます。
道民としては嬉しいポイントです(笑)

リンク

総評

2つのVPSを紹介しましたが、うちのブログではさくらのVPSを使用しています。

ブロガーにはエックスサーバが人気のようです。
実はエックスサーバもお試し期間だけ契約していたのですが、オーバースペックであることや管理者権限がないこと、他のユーザと同じサーバを使うことになると言う点が気になり、採用を見送りました。

ブログのアクセス数が増えてさくらのVPSでは捌き切れなくなるような状況になった場合は、移行も考えますが、当面はさくらで良いかなと思ってます。

一応、私はIT業界で働いていますので、Linuxも普通に使えますし、サーバ管理もWebを調べながらある程度の設定はできますのでVPSを選択しました。
一般的には管理画面から設定するだけで立ち上げられるタイプのレンタルサーバの方が敷居は低いと思います。

大変かもしれませんが、管理者権限を駆使してサーバを構築するのもやりがいはあるかと思います。

スポンサーリンク
記事用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事用